ダイエットにいいと話題!酵素玄米って?

2020年06月02日
ダイエット 0


酵素玄米とは、玄米を小豆と塩と一緒に炊いて3日程保温したもので、寝かせ玄米とも呼ばれます。

寝かせることでモチモチした食感となり、酵素の働きが活発になります。脳に良いとされているギャバなどの栄養素が非常に高くなります。

ダイエット中に玄米を食べることはいいと言われてます。
今回は玄米よりさらに栄養価が高い
『酵素玄米』をみていきます。


Webダイエット5

玄米の栄養価は高く、体にいいとされてます。
ですが、玄米は香りや食感が独特の為、苦手な方も多いみたいです。
そういった方には酵素玄米がオススメです。

栄養価には、たんぱく質、カルシウム、ミネラル類、ビタミン類などたくさん含んでます。

私たちにとって重要になる酵素も豊富に含んでおり、健康はもちろんダイエットの効果にも期待出来ます。

202006021640570d5.jpg

3つの栄養素

酵素玄米に含まれる栄養素はどれも素晴らしいです。
ここでは取り分け優れてる3つをご紹介します。

1.ギャバ
玄米に含まれるギャバ成分には、ストレスを和らげたり、集中力をアップさせる効果があります。神経伝達をスムーズにする作用があります。

2.酵素
血液がサラサラになり高血圧の予防や改善、代謝が高まり中性脂肪の低下など生活習慣病の改善に効果があります。
糖質、脂質を体内に溜め込まないので、ダイエット効果に期待が出来ます。

3.食物繊維
腸内環境を整えて、便通を改善する効果があります。老廃物を排出するデトックス効果が優れていると、血行が良くなったり、肌のキメが整うなど美肌効果にも期待が持てます。

どれも素晴らしい効果がですね。
酵素玄米の魅力は、手軽さにもあり、作りやすくて続けやすいということです。


酵素玄米の作り方

酵素玄米の作り方(炊飯器)

材料
  • 玄米600g
  • 小豆50g
  • 塩3g
  • 水1000cc
  • 炊飯器

作り方
  1. 洗う:玄米、小豆をボールに入れて軽く水洗いする(ゴミやホコリなどを流す)玄米は最初の水をよく吸収するので、すぐ捨てる。洗いは3~4回繰り返す。
  2. 混ぜる:ボールに水600cc、塩、(1)を入れて泡立て器で3分間ゆっくり混ぜる
  3. 浸漬:混ぜたら水は捨てずにそのまま炊飯器に移して、残りの水400ccを加えるこのまま6時間以上浸漬させる。
  4. 炊飯:炊飯器で炊く(あれば玄米モードで)
  5. 蒸らす:炊き上がったら15分蒸らして、しゃもじで全体をかき混ぜる
  6. 保温:3日間保温すれば完成です。

注意点
保温中は1日1回はかき混ぜる
10日間を目安に食べきる

圧力鍋で作ることも出来ますが、保温がポイントなので、炊き上がったら保温ジャーに移してください。



202006021640586ed.jpg

酵素玄米の取入れ方

酵素玄米は栄養価が非常に高いので、おかずが少なくても問題ありません。
脂っこいおかずを減らすとダイエットの効果に期待出来ます。

酵素玄米は冷凍保存が可能なので、たくさん作ってストックすることが出来ます。
忙しい方にオススメです。
冷凍しても10日以内には食べきるようにしてください。

取入れ方は一気に変えるのではなく、まず主食の白米1食分を置き換えてるところから始めて、慣れてきたら徐々に置き換える頻度を増やしていきましょう。




雑菌に注意すべし

保温する際に雑菌が侵入しないようにする。
基本保温ジャーの温度を高温で保っていれば細菌は繁殖しませんが、もし玄米から異臭がしたり糸を引いてた場合、雑菌が繁殖しているので、食べずに処分してください。

202005231641475c0.jpg

まとめ

酵素玄米についてみてきました。

もともと玄米自体の栄養価が高いですが、さらに発酵されることで、さらに効果が期待出来るというわけです。

作り方も簡単で、たくさん作って冷凍ストックが出来る。
注意点に気をつけておけば、続けることが出来そうですね。

無理な食事制限をする必要がありません。
楽しくダイエットが出来る方法として取入れてみてはいかがでしょうか。


【送料無料】酵素玄米 冷凍 もっちり熟成90g 20個セット 栽培期間中農薬・化学肥料不使用和日庵 もち熟玄米 真空パック 残留農薬ゼロ 発酵玄米

価格:5,140円
(2020/6/14 15:18時点)
感想(2件)







食事ダイエットでこちらもオススメです
→発酵食品でダイエット
スポンサーサイト



mon
Author: mon
1ヶ月で結果が出るようなダイエット情報を扱うサイトです!
ダイエットは続けてこそ意味があるので、簡単に出来て、長続きしやすいものを独自の目線で投稿していきます。

Comment(0)

There are no comments yet.